スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第65回韋駄天・終了 ~ おつかれさまでしたっ ~

img20130624_01.jpg
MHF-Gがはじまってから3回目の韋駄天も無事に終了しましたね。
今回の相手は特異個体・リオレイアで、かなりタフな相手。
怯みにくいし、体力もかなり多くあるし、長期戦になりがちでした。


そんな中でもトップクラスの人たちは見ていて惚れ惚れする動きでレイアを翻弄。
正解動画を見ていて、動きが極まっているなぁってかなり感心されられました。
それは毎回のことなのだけれどさ♪


大変な3日間でしたが参加されたみなさま、おつかれさまでした!
また次回も楽しみましょうね(*^▽^*)


ここからはわたしの3日間と今回の感想です。

続き

今回の韋駄天の3日間は・・・


img20130624_02.jpg

という感じでしたっ!
って、意味がわからないよねw


今回の韋駄天は猟団チャット・同盟チャットが賑わってました。
おかげさまで、タイムに伸び悩んでるときもあまり落ち込まずに頑張れました。
んで、そのときにかわされてた会話の中で特に頭に残っていたものをまとめたら
あんな感じになったちゃいました( ̄ー ̄;


っと、んじゃ、今回はどんな風に考えてたのかを書いていきます。


まずは武器選びからです。
今回の条件はレア3以下のランスだったから、かなり選択肢は狭かったかな。
用意しておいたのは・・・


  • ディアペルセニル(本命)
  • 蒼翼槍シエルホーン
  • ブルーガスト
  • 雷鬼槍【閃】
  • パラスピア

この5本です。
ダメシミュしてみるとディアペルセニルが一歩抜き出てて、他はほぼ同じくらいかな。
その上、青ゲージあり、スロット2空いているから、
ディアペルセニルがほぼ正解かなぁというのが今回の予想でした。
(リーチ長だけど、頭狙うには密着するし問題ないというのも理由の一つだったにゃ)


んで、短期決戦だと、斬れ味の長さ、会心率の高さ、麻痺でも
変わってきそう
だったし残りの4本も用意。
まぁ、ほとんど手持ちにあったんだけれどさ( ̄ー ̄;


韋駄天当日、初回は本命のディアペルセニルを片手に様子見を開始。
ひたすら頭を攻撃しながら思ったのが・・・


なかなか怯まないぞーw


しかもめちゃくちゃタフ。
これは本命が当たりだなぁと思いつつ、一応用意したものも使って確認。
やっぱりディアペルセニルが一番はやかったので、これをメインにして攻略開始です。


まず最初に悩んだのが、砥石をどう使うか。
今回は何度試しても、研がずにクリアするのは斬れ味的に無理だったから
どこで研ごうかな??ってこと。


いろいろ試して見ると、バックジャンプのあとが一番よかったのでそこで研ぐことに。
というのも、バックジャンプのあとって、突進か、単発ブレス&突進のどちらかがほぼ確定。
武器をしまう時間と、研ぐ時間も十分に稼げるし、そのあと攻撃もしやすいんですっ!
このタイミングで研ぐっきゃないよね♪


次に悩んだのが、爆弾の使い方。
開幕に爆弾を翼に当てるか、頭に当てるかの2択でした。
両方試して見ると、


  • 翼に当てる場合だと、怯むけれど、次の攻撃が安定しない。
  • 頭に当てる場合だと、頭に3回攻撃すると怯むから、攻撃続行可能。

ここまでやることが確定すると、あとはひたすらレイアの頭をめがけて攻撃するだけ
それだけなんだけれど、それが難しいよね。


早く討伐したいから、ガンガン攻撃を加えると攻撃が避けられなかったり、
次の行動への対処が遅れて、それを取り戻すのに焦って攻めて駄目になったり・・・。


今回は怯みにくい個体だったから、怯んだときに立て直すということもなかなかできないし
ほんと実力差が浮き彫りになる回だったなぁって。
それ如実に出てて、2日目、3日目となかなかタイム更新出来ず終いでした。


で、最終タイムは


img20130624_03.jpg

でした。
くぅぅ、6分切れなかったのは悔しいなぁ。
この悔しさをバネに次回もがんばってみまっす!


おまけ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。