スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストック・ヴァルハラ

ランスのカタログを作って見ました。
データベース的なものというよりも
「ただランスを眺めて楽しんでじゃえ♪」ってだけのカタログです。
わたしの個人的意見がはいりまくりのものになっていますので、ご覧になるときはご注意を♪

第7回にご紹介するランスは「 エストック/ヴァルハラ 」です。

img20100331_11.jpg

続き

エストック[1] / ヴァルハラ[2]
No攻撃力属性会心スロット特性斬れ味 / 斬れ味+1
1276+0%○○-防御+8切れ味
2299+0%○○○防御+8切れ味
img20100331_12.jpg
▲横からみたところ
img20100331_13.jpg

細身で綺麗な刀身、小振りな盾。 まるで片手剣のように見えるけれど、ランスなのです。 ヴァルハラにするとスロット数が3つもあくので、防具のスロットも少ない下位の時点ではとても重宝します。 今回も由来を調べてみました。

エストック
14世紀~16世紀頃に広くヨーロッパで使われた刀剣の一種。 剣身の断面は菱形で、先端になるにつれ狭まり先端は鋭く尖っている。 長さはポーランドでは剣身が130cmで全長150cm以上のものが多いが、他の国ではより扱いやすい剣身90cm、全長120cm程度の物が多い。この時代、鎧の発達に伴い、大型の打撃武器が主流となった。しかし、依然鎖帷子は重要な防具であり、この隙間の多い鎧に対抗するため突くための武器が普及した。エストックはそれら一般を指す。また、量産でき手入れも簡単なことから、下級の雑兵用に普及した。(wikipedia)

ヴァルハラ(ドイツ語:Walhalla)
北欧神話における主神オーディンの宮殿。古ノルド語ではヴァルホル(Valholl、戦死者の館)という。(wikipedia)

鎧の隙間を突くための武器が由来みたいです。 まさにランスの戦い方に相応しいかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。