スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HCディアと無欲の境地

img20111113_12.jpg
昨日はお久しぶりにHCディア狩りに行ってきました。
もちろん狙いの素材はアレだよん♪

続き

久し振りっていっても、1週間くらい行ってないだけなのだけれど、どうやって狩っていたのかちょっぴり忘れていたり( ̄ー ̄;
それでも狩り始めるとなんとなく思い出してくるから、身体に染みついてしまってしるのかも。
HCディア変種はかなりの数を狩っているからなぁw


そこそこ戦ってきたHCディア変種。
それにも関わらずちょっとしたギモンがあって…


HCディアの飛び出しをランスでガードしたときに
安全に切り抜けられないのかなぁ??


この思いが結構前からあったんです。
というのも、HCディアは地中から飛び出すときに「 岩もいっしょに 」飛びだしてきちゃいます。
そのせいで、ディアの飛び出しはガードで防げても、頭上に落ちてくる岩に対しては無防備になっちゃいます。


ディアとの距離があれば、武器をしまってダイブしたり、走って避けられます。
ほぼゼロ距離のときって、武器をしまってる間に飛びだして来ちゃうから、どうしてもガードさせられる状況になります。
そのあとは、くらいたくもない岩をぶつけられるし、悪循環に陥りがちに…。
そんな状況を打開する為にも、いろいろ試してきましたっ!


スキル・ガード性能の必要性

最初に考えたのはもちろんスキル・ガード性能がいるかどうか。
ランスを使う上で重要なスキルの一つなんだけれど、今回の相手HCディアに対してガード性能のあるなしでどう違うのかというと…


  • ガード性能なし
    飛び出し攻撃をガード可能。
    ガードしても後ずさりする。
    体力を大きく削られる。
  • ガード性能+1
    飛び出し攻撃をガード可能。
    ガードしても後ずさりする。
    体力を少し削られる。
  • ガード性能+2
    飛び出し攻撃をガード可能。
    ガードしても後ずさりしない。
    体力は削られない。


こんな感じかな。
地中からの飛び出し攻撃だけを見た場合だけどさw


これらのスキルをとっかえひっかえしながら、岩に散々くらいながらいろいろと検証してみると、ある方向にガードすると岩に当たりにくいことがわかったのだ。


HCディアに対して向かって左寄りで、斜め45度くらいでガード。
ズザーって後ずさりさせられた辺りがよさそう。


img20111113_11.jpg
文字だけじゃちょっとわかりにくいよねw
なので、ちょっぴり上から見たイメージ図を描いてみました。
かなりざっくりしたイメージだけれど( ̄ー ̄;


岩が降り注ぐ範囲って、ディアの前の方に少しだけ、後方の広い範囲に降り注いでます。
ディアを中心にして外側へ行くほど、量が減って避けやすくもなっています。


その中でもかなり岩が少ないのが、ディアに向かって左側前方。
図だと赤く射線のされた部分。
ガードしたときは、この辺りを目指してズザーと後ずさり。
そのあとは、きっちり岩の位置を見定めて、外側へ逃げるようにすると、岩にあまり当たりませんっ♪
ときどき当たるけど、きちんと見定めれば、避けきれるはず??


そういうわけで、スキルは「 ガード性能+1 」がよさそうです。


ちなみにガード性能+2だとガードしたポイントから動かされないのだけれど、岩が一番多く降り注ぐ、ディアの足元に残されちゃいます。
そのせいで高い確率で岩の餌食に…。・゚゚ '゚(*/□\*) '゚゚゚・。


狩りまくり

img20111113_13.jpg
岩をくらいながらの検証が終わる頃、じじさまこと、しん爺さんとご一緒さえてもらえることに♪
あずみん、じじさまは弓、わたしはランスという構成でひたすら連戦。
回数をこなすごとに討伐スピードもあがっていくし、さすがだとしかいえないよね♪
サクサクとHCディアを狩り続けるものの、お目当てのアレが一向に出る気配が
なく、諦めていたら…


img20111113_14.jpg

でちゃった♪


完全に油断してたというか、もう今回はでないかなぁと諦めモード、無欲の境地に至りかけてたところでした。
けど、なんとかSSは撮影できて一安心だよっ!


img20111113_15.jpg
もちろんさっそく強化。
フルンブラッサムの完成です(≧∀≦)


憧れの弓がようやく完成して、ほんと嬉しすぎです。
あとはフルンブラッサムの負けないように弓の練習をしないと(*^▽^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。