スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラトリオの試練・2

img20111130_01.jpg
前回の試練から約3ヶ月半が過ぎ、ついに時は満ちた…。
三つあるミラトリオサーガの二つ目の物語・紅龍の章の封を解こう。




なんとなく妙な語りから書き始めてみたエナです。
今回はついに「 HR900の試練・ミラバルカン討伐 」への挑戦です。
前回のHR800試練・ミラボレアス( 黒龍 )討伐を8月18日に成し遂げてから、3ヶ月半がすぎました。
思っていたよりもずっとはやい挑戦になって、ちょっぴりビックリしてたり♪


img20111130_02.jpg
今回もあずみん、ナナにゃ、わたしの3人同時にチャレンジです。
もちろん「 試練はソロ討伐限定 」なので、別々に受注して、それぞれの闘いへと突入していきます。


っと、そろそろ時間です。
それでは、ミラトリオサーガ第2部スタートっ!

続き



ハンターたちに定期的に課される試練。
その一つに「 紅龍( ミラバルカン )討伐 」がある。
その試練に挑む3名のうち、見習いランサーについて語りたい。


見習いランサーは、ランスを使う者・ランサーの端くれ。
まだまだ未熟な見習いランサーのことである。
そんな見習いランサーにとって、今回の試練は過酷なものであった。


火山に住まう紅龍をランスで狩る。


言葉にすることはたやすい。
だが、紅龍を討伐するのはそうたやすいものではない。


img20111130_08.jpg
鉱物さえもかみ砕く強靱な牙。
なぎ払うだけで、瀕死の重傷を負わせる豪腕。
溶岩よりも熱いブレス。
強烈な咆哮によって呼び寄せる隕石群。


それらの攻撃のどれに触れても、瀕死になる。
すべてを避けきり、攻撃を加え続けることは非常に困難なのである。


見習いランサーはそれらを理解していたのか、それはわからない。
きっと頭ではわかっていても、心や身体はわかっていなかったのだろう。
それでも闘いははじまった。


火山より飛翔してくる紅龍。
それを運良く避け、紅龍の強靱な足を狙って突き始める。
幾度もそれを繰り返すうちに、紅龍が怯んだのだっ!


紅龍も足元にいる見習いランサーの攻撃を嫌がり、腕を振り、ブレスを放ち、尻尾で叩きつける。
何度か瀕死になりはしたが、意外にも見習いランサーは健闘を見せ、ひたすら足を狙い怯ませ続けた。
しかし、紅龍には隠された能力があったのである。


それは硬化。


攻撃をほとんど受け付けなくなる能力だ。
硬化がはじまってから、見習いランサーの動きはどんどん悪くなっていった。
それもそのはずで、すべての突きがはじきかえされるのである。


攻撃をはじき返されよろめいているところを紅龍が見逃すはずもなく、腕を振るい、隕石群を地面へと叩きつけた。
見習いランサーはなすすべもなく、それらの攻撃を受け、瀕死になりながらも必死に突きを繰り出し続けた。


そんなとき、見習いランサーに盟友たちの勝利の声が伝わってきたのだっ!


img20111130_03.jpg


見習いランサーは喜んだ。
だが、祝福の声をあげることすらできないほど、紅龍の猛攻が続いていた。


だが、そんな死闘もあっさりと幕を下ろしてしまう。
痛烈な一撃をその身に浴び、身動きがとれなくなってしまったのである。
かろうじてネコたちに助けられ、広場へと生還できたことは奇跡としかいえないだろう。


img20111130_04.jpg
広場では不穏な男が寝そべり、何かを覗こうとしていたようだが、そのことはわたしの胸の内にしまっておくことにする。


大敗を期し、肩を落とす見習いランサー。
変幻のナナ、道化のアズ、不穏な男たちからの励ましもあり、紅龍への再戦を挑んだのである。


前戦同様、闘いの序盤は見習いランサー有利に展開していった。
そして大敗の原因となった「 硬化 」がはじまったのだ。
ここで、見習いランサーは前戦とは違った動きを見せる。


紅龍の硬化がはじまり、飛翔を行ったときにのみ、爆弾で攻撃をはじめたのである。


その爆弾攻撃はうまく機能し、紅龍をよく怯ませた。
だが、その時間もそう長くはなかった、爆弾切れである。


そこからは前戦同様に、突き続けるしかなかった。
はじかれども、はじかれども、ただひたすらに突くことしかできなかったのだ。


闘いは膠着状態が続いた。
見習いランサーは心が折れかけていただろう。
突けども突けども、紅龍が堪える様子もないからだ。


img20111130_05.jpg
それでも突き続けるしかない。
倒せるのだと信じるしかなかった。


アオォォォォォォォォォォォ…。


突然、巨大な咆哮が辺りに響き渡った。
硬化が解け、見習いランサーの攻撃が効き始めたのだっ!


見習いランサーは眼に生気を取り戻し、ひたすら突き続けた。
今までとは違って、攻撃が深く突き刺さるそんな気さえした。
攻撃するたびに勝利へと近づいていく、それを確信して、突き続けた。
紅龍は再び怯み続け、そして…


img20111130_06.jpg


長きに渡った闘いも終演。
見習いランサーの勝利である。




img20111130_07.jpg
はふぅw なんかいつもと違う書き方するとちょっと大変だぁ♪
闘ってる途中は、岩と闘っているような気分にさえなって、倒せるかどうかかなり心配だったけれど、なんとか無事、ミラバルカンを倒せましたっ!
倒せた瞬間は、ほんと嬉しすぎてテンションがあがりまくってました(≧∀≦)


途中、応援してくれたくましゃ、ナナにゃ、あずみん、ありがとね~♪
あとナナにゃ、あずみん、HR900おめっとー(≧▽≦)


今回、わたしがやった方法を軽く書いておくと


武器       :ナールフォラーズ
硬化していないとき:足だけをひたすら狙い、怯ませつづける。
          早いと5分ちょっとで硬化までいけます。
硬化しているとき :右足を後ろから狙う。
          横からだとはじかれたときにメテオを喰らうときも…。
          上空に飛んだときに、爆弾を起爆し、地面へ落とす。


こんな感じでした。
ナールフォラーズの属性値でねじ伏せまくりの作戦です(*^▽^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。